本校にしかできない担当犬制度

担当犬イメージ犬との付き合い方は犬から学ぶ。
触れ合いが一番の勉強です。

いろんな犬たちや動物たちとふれあうすばらしさを味わえるIPC。
でもそれだけではありません。
本校には1年間にわたって一頭の犬としっかり向き合いながら学んでいくという独自のカリキュラムがあります。
これが「一人一頭担当犬制度」。
まるで自分で犬を飼っているように、大好きな犬といつも一緒にいて、いろいろな世話をしたり遊んだりしながら、犬とともに成長して行きます。担当犬は、あなたが実践力を付けていくうえでの大切なパートナーです。



 毎日一緒にいるから心が通い合う。子どもを育てるって、こんな感じかな?
「おはよう!」から始まる一日。担当犬があなたとの朝の散歩を心待ちにしています。ごはんをあげたり、グルーミングをしたり一緒に遊んだりして、ともに過ごします。もちろん体調を管理するのもあなた。家で犬を飼ったことがないからちょっぴり不安、という人もいるかもしれませんね。でも大丈夫、あなたが担当犬といっぱいふれあいたいと思っているように、担当犬もあなたとのふれあいを求めています。一緒に過ごす時間を思いっきり楽しみましょう。楽しめば楽しむほど、多くのことが学べるはずです。楽しみながら犬の気持ちを理解し、プロとしての自覚と実力を身に付けていく、それが本校の学習方法なんです。
子犬を育てることも大切な授業です。
生まれたばかりの赤ちゃんって本当に愛おしい。すくすく育っていく子犬たちはとってもかわいい。でも、子犬たちはまだ成犬のように体がしっかりしていません。元気そうに見えても、ちょっとしたことで体調をくずしてしまうことがあります。このような子犬や母犬を管理するためには、高度な飼育管理の知識や技術、観察力が必要とされます。本校では、グループごとに子犬とじかに接して世話をする「こいぬ担当犬制度」を設けています。大切な時期を見守り、成長を確認しながら、心身ともに健康な犬の育て方を実践で学んでいきます。

■飼育担当犬
本校では入学生全員が、動物を取り扱うことに慣れる、自分専用の実習犬=担当犬を持ちます。担当犬は学院所有犬から好きな犬を選ぶことが出来るので毎日学校に来るのがとても楽しくなること請け合いです。
※ 担当犬は学内で飼育する実習担当犬で、学生が購入するものではありません。


■訓練担当犬訓練士を目指す人にとって、訓練の理論だけを学んで自分専用の実習犬が居ない。ということは「ありえない」話といえます。楽器を持たずに音楽の授業を受けても楽器を演奏できないことと同じように、訓練士を目指す人は自分専用の担当犬が必要であると本校は考え、一人一頭の訓練担当犬を与えます。[su_divider size=”1″] ■トリミング担当犬
トリマーを目指す人にとってどれだけ多くの実習が出来るかが、技術向上の最大のポイントであるということは当然です。しかし、いくら実習が多くても一人で一頭の犬を担当しなければ意味がありません。 本校の美容実習は最低毎日一人一頭のカットモデル犬(美容担当犬)をカットします。さらに後期になれば一日一人二頭以上をカットします。本校はカットモデルの数にもこだわります。

■繁殖担当犬

本校では毎月子犬が誕生しています。ペットアドバイザー科では犬以外の動物の飼育も行ないます。出産を手伝ったり、離乳食を作ったり・・・。学校の附属施設で産室を持ち、実際に毎月子犬を誕生させているペット学校は中部圏では本校だけ!IPCで命の尊さを学んで下さい。


■看護担当犬本校には多種類・多頭数の動物がいます。これらの中には加齢や事故、病気により入院・治療を余儀なくされている動物たちも少なからずいます。こうした環境は実際の動物病院のバックヤードとまったく同じです。学生たちは常勤の獣医師の指導のもとに治療中の動物たちを担当することで、命の大切さと実際に役立つ治療のノウハウを学んでいきます。

■ボランティア担当犬近年わが国においても里親探し活動は認知されてきています。しかし、こうした現状のなかでも捨て犬や捨て猫が保護されているのも事実です。こうした捨て犬や捨て猫を学生が全員で接し、愛情をふりそそぎ、美容、訓練、健康管理をきちんと行いながら新しい飼い主=里親を探す制度です。

不安?疑問?LINE@トークでお答えします。

お問い合わせ

ペットトリマー科ドッグトレーナー科|動物看護科|ペットアドバイザー科

ごあいさつ|カリキュラム|ブログ|体験日程|出願情報|社会人・留学生|進路指導・求人|APCの特長|APCイベント|APCトピックス