専門学科に加え第2、第3学科も学ぶ

愛知ペット専門学校では、専門的な知識・技能を習得することはもちろん他分野の知識・技能の習得も多数できるようにカリキュラムを作成しています。そのため専門分野以外に第2、第3の学科を学び、多数のライセンスを取得する学生たちが多く見受けられます。 その理由は、ペット業界で働く方には専門的な知識や技能だけではなく、専門外の知識・技能を多数有していることが求められているからです。 皆さんはいろいろな機会を通じてペット業界で働く方に接しておられると思いますが、もし、よく行くトリマーさんに愛犬のしつけ相談をした時に「専門外だから・・・」と言って断られたらどう思いますか?逆に初めて行ったペットショップでショップスタッフが自宅でできる愛犬の健康診断方法を教えてくれたら親近感がわきますよね。このように飼い主様のご要望にできる限り多くお応えできる人材が好印象を得、ペットの現場では高く評価されるというわけです。 複数の学科を学び、多数のライセンスを取得することであなたもペット業界で活躍の場をより一層広げてください。

わんちゃんと飼い主様を幸せで結ぶ

ペットを迎えるご家族の皆さんが幸せなペットライフを送れるように、持てる限りのノウハウをご提案する。

幸せで結ぶコーディネーターペットアドバイザー科

カリキュラム説明

ペットアドバイザー科は「ペットショップへの就職」を目標として、実際の業務に準じたカリキュラムを編成しています。当学科が提携しているペットショップ(㈱アイピーシーこいぬこねこ館)と連携を図り、生体管理から販売営業までのノウハウを実践的に学びます。

2年間の流れ

ペットアドバイザー科は
“ブリーダー”の立場で犬を育てる技量を磨き、育てた子犬を販売するための知識と技術をもつ専門家の育成を目標として、ブリーダーやペットショップにおいて“犬のため”にペットビジネスに携わるノウハウとして次の学習目標を掲げています

目指す

先輩の声

仲の良い仲間と一緒に頑張っています
私は、愛知商業高校出身ですが
この学校に入学した時は仲の良い同じ高校の同級生と3人で入学しました。最初はドッグトレーナー科に興味があり入学しましたが、愛知ペット専門学校の特徴でもある選択専科制度(選択専科制度とは…どの学科に入学したとしても基礎は全学科共通で学び、6月にある選択専科説明会で最終的に専攻学科を決定制度のこと。

開業・副業という選択

ペットアドバイザー科の目標はペット企業への“就職”です。しかし、中には犬たちに囲まれて自分自身のペースで仕事がしたい、それが本音だという学生も少なからずいます。

PA科卒業生座談会

平成28年1月のある日の夕方。たまたま学校へ遊びに来てくれた卒業生の山本さんと佐々木さん。せっかくなので、「今思えば…」という学校でのあれこれを思い出してもらいました。ペットアドバイザー科の生の声をどうぞ参考にしてください!

講師からのメッセージ 

日本にはどれほどの数の犬が飼われているの?
実は、今飼育されている犬全体の数を調査する方法はありません。統計データがないのです。国が行う調査、業界団体や企業によるアンケート調査などがありますが

不安?疑問?LINE@トークでお答えします。

お問い合わせ

ペットトリマー科ドッグトレーナー科|動物看護科|ペットアドバイザー科

ごあいさつ|カリキュラム|ブログ|体験日程|出願情報|社会人・留学生|進路指導・求人|APCの特長|APCイベント|APCトピックス