理事長・学校長・職員ごあいさつ

理事長・学校長ごあいさつ

ペットのスペシャリストを目指そう!
当学に入学する生徒の多くは、犬が好き、動物が好きという理由でこの道を選びます。
しかし、ペット業界のスペシャリストになるためには、ただ動物を可愛がる心を持つだけではなく、ペットと人がともに幸せに生きていくために最良な方法は何かという視点を絶えず持ち、飼い主様にわかりやすく提案していく力が必要なのです。そうした視点や提案力を持つためには、たくさんのペットにふれ、一緒の時間をより多く過ごし、様々なケースを実体験することがとても大切なことだと思います。
一口に犬と言っても、犬種も性格も様々です。その犬に合った訓練や個性をつかみ、ケアをしてあげるためにも、実習の積み重ねが必要なのです。隣接するペットパーク「わんわん動物園」の犬・猫や他の動物たちが揃うIPCの恵まれた環境を生かして、あなたも、プロへの道を開いてください。

学校法人アイピーシー学園理事長・学校長 牧 良

 教育理念
 動物とペットの「ゆりかごから天国まで」を現場を通じてまなび、人と犬、犬と社会の最善の共生を常に考え提案・実現できる人材を育成する。
 教育方針
  1.  専門知識及び専門技術の徹底した教育
  2. コミュニケーション力の育成
  3. 自己表現力、提案力、牽引力、牽引力の育成
  4. 人間として、社会人としてモラルの高い人材の育成
  5. 現場に基づく、必要とされる即戦力の育成

職員ごあいさつ
2017.7.21.2

命の大切さを学び、心豊かな「プロ」になってください
動物医療もその発展とともに様々な選択肢が増えてきました。検査・治療方法にしても一つではありません。いろいろな選択肢があります。しかし、それらを選択するにあたって単純に高度な治療・最新の治療がベストというわけではありません。動物の年齢・体力・種類・症状のレベル・飼い主様の家庭環境・考え方などの様々な要因により判断は変わってくるでしょう。もちろん動物は、それを自分で選択することはできません。ですから、これからの動物医療・看護はスキルや知識の向上はもちろんのこと、治療・予防のひとつに対し、飼い主様と動物が一番幸せになれる方法を一緒に考えていくことが重要と考えます。このような、飼い主様と動物の心の支えになれる動物看護師、あなたも目指してみませんか?
学校法人アイピーシー学園理事 獣医師 大谷 真代子

一人一人の個性を生かすことが大切です。

ペット業界で働くには専門知識と技術が必要なのはもちろんですが、他の人にない独自性をアピールできると、就職の際に有利です。IPCでは一人ひとりの個性や学習スペースに合わせた個別指導を徹底しています。講義で学んだ基礎知識を実習で積み上げ、わからないことがあったら理解できるまで繰り返し、着実に実践力を身につけて、目標に向かっていく、そんな授業を心がけています。また、当学は文部科学大臣から職業実践専門課程に認定されていますが、ペットの現場と非常に近い関係で、まさに「百聞は一見に如かず」「習うより慣れろ」が学べる環境が整っています。当学で学ぶ2年間で、いろんなことを吸収していきましょう。
就職部 部長 平松 弘次

学校組織図
2017.7.21.4

不安?疑問?LINE@トークでお答えします。

お問い合わせ

ペットトリマー科ドッグトレーナー科|動物看護科|ペットアドバイザー科

ごあいさつ|カリキュラム|ブログ|体験日程|出願情報|社会人・留学生|進路指導・求人|APCの特長|APCイベント|APCトピックス