What’s APC APCってどんな学校?

APCの8つの強み

IPC学園愛知ペット専門学校には多くの強みがあります。その強みは本校のバックボーンとして存在するIPCグループがペット事業者であり、ペットブームが始まる前から、業界のリーダーとして活躍してきたことからきています。IPCグループはペット事業体と学校事業を通じて、一過性のブームに終わらせること無く、日本のペット文化のレベルを高め、飼い主と動物たちにとって望ましい社会を実現するために多くの人材を輩出してきました。
APCの8つの強みはそのままIPCグループの歴史ともいえます。

1.ペット事業者IPCグループがバックボーン

本校はペット事業者IPCグループをバックボーンとして設立されました。
IPCグループはわんわん動物園(ペットパーク)やペットショップ、動物病院、ペット美容室、しつけ教室、ブリーディング、ペット葬祭など幅広く運営しています。

2.ペット業界との深いつながりで就職も安心

IPCグループが持つペット業界での歴史は、同時にペット事業者様からの大きな信頼につながります。本校はペット業界との深いつながりから得た「現場が求めるスキル」をカリキュラムに反映し、ペットの現場から求められる人材の育成につとめています。

3.一人一頭の担当犬制度で、飼育を基礎から身につける

ペット業界から求められることで、重要なことは「飼育に慣れている」ことが挙げられます。ペットを扱うことは”命を扱うこと”です。ご自宅でペットを飼っている方は多いと思います。でもペットの現場では”毎日”、”多頭数”を、しかも”違った”動物を、”お客様の”愛犬を扱うわけです。本校で担当犬を持つことはその初めの一歩と言ってもいいでしょう。

4.お客様と接する機会を持つ

本校では1年目にIPCグループでのインターンシップを行います。その中でお客様と直接接することもあります。ペットの現場に慣れ、2年目の就職活動にも安心して望めます

5.産室で毎月仔犬が誕生!

本校には産室があり、ほぼ毎月仔犬が誕生しています。特にペットアドバイザー科では交配から出産、飼育、IPCグループのペットショップでの販売までをトータルで学習します。

6.好きなことを研究しプレゼンを行うゼミナール活動

本校では学生がグループでテーマを決め、プレゼンテーションを行うゼミナール活動があります。自主的な研究、発表、プレゼンテーションを行うことで、実社会に出てから自分の意見を相手にわかりやすく伝える力を身につけます。

7.常駐する獣医師の指導の下実際の手術も体験

本校を含むIPCグループには常時1000頭もの動物がいます。こうした動物の健康管理と治療、そして本校での講義を行うために獣医師が常駐しています。手術が必要な動物には授業の一環として実際の手術も体験します。

8.ペット専門学校の全国ドッグトレーニングコンテストで3年連続日本一!

本校は日本動物専門学校協会の主催するドッグトレーニングコンテストで3年連続で優勝しました。しかも、3年連続で1位~3位を独占、完全優勝です。

不安?疑問?LINE@トークでお答えします。

お問い合わせ

ペットトリマー科ドッグトレーナー科|動物看護科|ペットアドバイザー科

ごあいさつ|カリキュラム|ブログ|体験日程|出願情報|社会人・留学生|進路指導・求人|APCの特長|APCイベント|APCトピックス