学科別担当犬

パートナー紹介

トリミングのレベルアップには多犬種、多頭数のカットをより多く行うことが必要です。ペットトリマー科ではIPCグループの飼育犬に加え年間14,000頭以上のカットモデル犬を有しており、これを美容担当犬と呼んでいます。

多犬種・多頭数
多犬種・多頭数のカットを行うために多くのカットモデル犬を有しています。


カットモデル犬(お客様)
日々のトリミング実習にはお客様のわんちゃんをモデル犬として使用します。

カットモデル犬(学内)
学内・グループ内にもたくさんのカットモデル犬がいて、日々の実習を行います。犬種も様々です。

コンテスト犬(アポロ)

トリミングコンテストが近くなってくると、トリマー科で日々しっかりとケアしていきます。

コンテスト犬(クラール)
コンテストに向けてしっかりと被毛を伸ばしていき、ハサミを入れやすく、毛並みを整えます。


珍しい犬も・・・

大型犬も・・・

お馴染みの犬も・・・

人気のチワワも・・・

とても多くのカットモデル犬の実習で、腕を磨いています。

この学校では飼育を覚える担当犬もいますが、トリミングの授業では主にカットモデル犬やわんわん動物園の飼育犬などを使って実習します。先生もよく習うより慣れろと言われますが、最近その言葉を実感しています。カ
ットモデル犬の犬種は様々だし、飼い主様のご要望も様々です。それに出来る限り答えているうちに、自分の腕が日に日にレベルアップしているのを実感しています。


ペットトリマー科
岡田さん
愛知県立豊田高等学校出身

パートナー紹介

本校の訓練担当犬は一人一頭専用の訓練実習犬を持ち、これに訓練を付けていく形をとります。音楽の学習に個人
専用の楽器が必要な様に、訓練の技術習得には一人一頭の専用実習犬が必要であると本校は考えます。

一人一頭担当犬
自分専用の訓練担当犬に学生自身が訓練を基礎から教えていきます。


一人一頭担当犬!
一人に一頭ずつ渡される大切なパートナー犬。日々のお世話から健康チェックまで、あなたがお母さん代わり。

担当外の犬も扱う
かたよりが無いように友人の担当犬でもしっかりコントロールできるようにします。

補助訓練犬
生活の補助ができるように様々な訓練をします。耳が聞こえない人への来客を教えるなどサポート。

災害救助犬訓練犬
災害の時代といえる平成でしたが、迎える令和に向けても訓練を継続中です。

担当犬との深いきずなを作る。訓練にはこれがとても大切だと思います。

以前、先生から担当犬との絆が大切だということを教わりました。先日、ディスクドッグのドッグトレーナーにお話をお聞きしていた時に、全く同じことを言われていたことに驚きました。深い絆は単に甘やかして、犬を愛し仲良くなることではありません。人間が犬の主人としてきちんと振る舞い、犬が主人のことを信頼し、喜んで指示に従う。この信頼関係を絆と呼ぶのですね。僕も担当犬としっかりとした絆を築きたいと思います。

ドッグトレーナー科
山本さん
愛知県三好高等学校出身

パートナー紹介

動物看護科担当犬はIPCグループで飼育される犬の中で治療が必要な動物、入院動物などを動物看護科の学生でお世話するものです。毎日の治療・療育の中でとても大きな経験を積むことができます。

入院動物の療育
様々な動物の治療・入院動物の療育から学ぶ豊富な経験を得る


元気にペットショップに
未熟児だったこの子もみんなのケアで立派に成長しました。早く新しい家族ができるといいね。

歯肉炎の治療中!
歯石が原因で歯肉炎の手術をしました。飼い主の皆さんも定期的にチェックしてくださいね。

ただいまダイエット中!
ごはん大好きなさんごちゃん。少々体重オーバーにて病院ダイエット中!うまくいくかなあ?

老犬介護も大事な勉強
わんちゃんの寿命が延びる中。介護が必要な犬も増えています。快適な老後を送ってもらえるよう頑張っています。

また歯石とってね!

こう見えても10歳です!

そろそろ健康診断

元気があまってます

常駐する獣医師の指導の下、実際の動物の治療に関わります。

動物看護科はIPCグループで飼育している動物たちの健康管理を行う動物病院があります。IPCグループでは非常に多くの動物を飼育しているので、治療が必要な子や入院が必要な子、手術が必要な子もいます。手術の時の緊張
感、緊急事態を想定したシミュレーション、一時はだめだと思った命が助かったその瞬間・・・。ひとつひとつが重要な思い出となっています。こうした経験を卒業後いかしていけるように努力したいと思っています。

動物看護科
上原さん
愛知県立岡崎東高等学校出身

パートナー紹介

ペットアドバイザー担当犬は、IPCグループで飼育されている動物のうち交配に適した動物を交配させ、出産、飼
育する動物一般を示します。実際に体験することで、知識が経験になり、プロを育みます。

子犬の飼育も
毎月誕生する仔犬たちの飼育も楽しみの一つです。

 


仲良し兄弟(ラブラドールレトリーバー)
2頭とも男の子の元気な兄弟!少しでも話すとお互いを探して大騒ぎです。

一人っ子でお母さんを一人占め(マルチーズ)
甘えん坊の一人っ子。片時もお母さんのそばを離れません。早く他の子犬と遊びたいなあ。

お団子みたい(トイプードル)
あたたかい体温が気持ちいいのか、下へ下へと潜る競争です。まだお互いだけが頼りです。

もふもふまふもふ(セントバーナード)
もうすぐ目が開く7匹の兄弟!動き回っても目が離せません。お母さんのおっぱいも取り合いで大騒ぎ。

H31.2.10生まれ(ミニチュアダックスフント)

H30.12.23生まれ(ミニチュアダックスフント)

H31.3.23生まれ(マルチーズ)

H31.3.19生まれ(セントバーナード)

生命の誕生に関わり、飼い主様との出会いをコーディネート

この学校で経験したことは想像以上のことがありました。まず交配や出産、遺伝学、衛生学などを学ぶのは大変でしたが、誕生してきた小さな命を扱うたびに、学んでいてよかったと思っています。この仕事は命の誕生だけではなく、飼い主様と動物の出会いを演出し、幸せな家族になって頂けるように一緒に考え、提案するとても重要な仕事だと思います。

ペットアドバイザー科
下井さん
愛知県立安城農林高等学校出身

不安?疑問?LINE@トークでお答えします。

お問い合わせ

ペットトリマー科ドッグトレーナー科|動物看護科|ペットアドバイザー科

ごあいさつ|カリキュラム|ブログ|体験日程|出願情報|社会人・留学生|進路指導・求人|APCの特長|APCイベント|APCトピックス