ペットアドバイザー科(総合学科)

■全学科+αで学ぶ最強学科
■ペットを総合的に学ぶ

学科目標

現場を周知し、専門分野以外もできるオールランドプレーヤーを育てる最強学科

取得可能な資格

飼い主様とペットの出会いを演出するために役立つ資格を取る

NAVA認定ドッグブリーダー
(一般社団法人日本動物専門学校協会)
NAVA認定ペットケアアドバイザー
(一般社団法人日本動物専門学校協会)
IPC協会認定GROOM C3~C2級
(一般社団法人国際ペットカルチャー協会)
IPC協会認定DOG TRAINER C3~C2級
(一般社団法人国際ペットカルチャー協会)
IPC協会認定VETERINARY NURSE C3~C2級
(一般社団法人国際ペットカルチャー協会)
損害保険募集人資格
(アニコム損害保険株式会社)
愛玩動物飼養管理士
(公益法人日本愛玩動物協会)
家庭動物管理士
(一般社団法人全国ペット協会)
ペットシッター士
(NPO法人日本ペットシッター協会)
ビジネス能力検定(B検)
(文部科学省後援)
販売士
(日本商工会議所)
専門士
(文部科学省認定

総合的な実力をつけるためにトリマーもトレーナーもビジネスもしっかり学ぶ

コースの特徴

社会問題にも正面から立ち向かい、解決できるプロを育成

 1.4学科を幅広く学び、学科ウェイトも選択できる

トリマー、ドッグトレーナー、動物看護、ブリーダーなど4学科を幅広く学べるのがペットアドバイザー科の特徴です。学科の学習のウェイト(比重)は自分で決めることができます。幅広く学び、深く追求することで、ペットビジネスの経営者の目線と技術者の目線、里親探しやTNR活動など、より幅広い目線を得ることもできます。

 2.里親探しやTNR活動

一学科に偏ることなく幅広く総合的に学べるのがペットアドバイザー科の特徴です。幅広い知識と技術を培うことにより専門職だけではなく、総合職も含めての活動が可能となります。その総合的な能力を活かして、よりレベルの高い保護犬の里親探しや地域に密着したTNR活動を行います。保護犬の里親探しや、TNR活動もペットアドバイザー科ならではの活動。

 3.命の誕生にもかかわる

ペットアドバイザー科では、命の誕生にも携わります。妊娠犬妊娠猫のお世話や出産にも立ち会ったり、難産のお手伝いなども行うこともあり、命の大切さを学びます。命にかかわる経験はこれからのペット社会を進む上で貴重な経験になるはず。産声を上げ、耳が開き目が光を感じ…日々成長していく仔犬仔猫…お別れの瞬間は涙することも。

カリキュラム

習うより慣れろ!が合言葉の実践的な授業


※上記時間割はイメージであり、実際の内容とは異なっています。

在学生の声
 トリマーもトレーナーも看護もビジネスも

出身は愛知ペット専門学校のグループ校のNPC高等学院。将来は動物にかかわる仕事がしたいと思います。そのために今はトリマーもトレーナーも看護もビジネスもしっかり学んで将来に活かそうと思います。
鈴木さん
NPC高等学院出身

 仔犬たちに囲まれて勉強中

私は高校での学校説明会や体験入学を、できるだけ出席や参加をして進路を決めました。入学する前に色々調べたり見たり聞いたりすると進路決定に役立ちますよ。今はたくさんの仔犬たちにも囲まれて勉強しています。
荻野さん
岡崎学園高等学校出身

 全部学べる学科にしようと


私は社会人からの再進学での入学です。一度社会人にはなりましたが、やっぱり動物の仕事がしたくて入学しました。専攻も迷いましたが、どうせなら全部学べる学科にしようとペットアドバイザー科にしました。
松井さん
社会人からの再進学入学

ペットショップは子犬の販売だけではなく、トリミングサロンや動物病院、しつけ教室の併設などペット業界の総合店舗といって良い性格を持っています。こうした環境に素早く対応できるようにドッグトレーニング、動物看護、トリミングなど、幅広いジャンルの学習をします。ペット業界の総合企業IPCグループが持つ各事業所で学ぶ実践的な知識や技術が学生たちの将来を大きく開きます。幅広いジャンルを有するペットショップで活躍できるように、複数学科のライセンス取得に積極的に取り組みます。

APCがペットアドバイザー育成に強い理由
 1.ペット事業者が本校のバックボーン

ペットの総合企業が本校のバックボーンです。繁殖・販売・テーマパーク・学校・ペットセレモニーまで、ゆりかごから天国までをサポートする企業が皆さんの夢をフルサポートします。

 2.産室で毎月仔犬が誕生

犬は繁殖時期を限定しない動物です。そのため、アドバイザー科では毎月のように交配・出産が繰り返されます。他の学科では感じられない命の尊さを是非感じてみてください。

 3.トリマーを学ぶ

トリマーも目指したいけど、総合的な学び空がしたい方にオススメ。トリマーもしっかり学びながらバランスよく学ぶことができます。一専攻に偏らず、総合力をもって将来開業や総合職につきたい方におすすめです。

 4.トレーナーを学ぶ

ドッグトレーナーを目指していて、幅広く学んでおきたい方にオススメ。ドッグトレーナーは犬の健康管理や衛生面も預かる際には重要です。美容の知識や看護の知識も活かして総合的な活躍が可能です。

 5.積極的に保護犬の里親探しも

令和3年6月1日に動物愛護法の改正も有り。愛知ペット専門学校は積極的に保護犬の里親探し活動を行っています。わんちゃんやねこちゃんの美容的な面や健康面・基本訓練などを考え、様々な角度から新しい家族に迎えられる準備ができるよう活動しています。

 6.技術からマナー・法律まで。将来はペットショップオーナーも

ペットショップオーナーやブリーダーなど、開業を夢見るみなさんをバックアップできるのもアドバイザー科の魅力です。契約ブリーダーとして、グループペットショップと取引している先輩もいます。

 7.IPCグループのバックアップで将来も安心

動物業界は広いように見えて、案外狭い業界です。ペットの総合企業として業界に太いパイプを持つIPCグループが就職から起業までを強力にバックアップします。

 8.理事長がペット事業の経営者

APCは、グループ企業に様々な業種や店舗を持つペットの総合企業です。そのグループを束ねる理事長は、まさにペット業界のプロ中のプロ。授業では貴重なお話も数多く聞けるでしょう。

 ペットの4大学科をすべて学ぶ最強学科

習うより慣れろ!そして自分の頭で考えろ!がペットアドバイザーを目指す方にとって必要なことと言えるでしょう。知識を習得するのは当然ですが、この知識が血となり肉となっていくには経験と知恵が必要です。この学科でこうした姿勢を身につけてください。

授業実習レポート

役に立つペットアドバイザーになるために

ペットアドバイザー実習時間 1週間:12時間以上

 1.トリミング

爪切り、耳掃除、バリカン、ブラッシング、シャンピングなどを学びます。ペットショップではトリミングが年末とても忙しくなりますが、そんな時にトリマーの応援も可能になります。

 2.しつけ訓練

第一段階として母体が交配可能であるかを検査します。交配可能であれば同一犬種の中から最適な犬を選択していペットショップで飼い主様が質問されることの大半は飼育方法としつけ方法です。犬種ごとの性格や個々の生体の性格を話し、飼育上の注意点をお話しすることで飼い主様の信頼を得ることができます。

 3.健康管理

異常を発見する健康チェックはとても重要です。ペットショップで飼育する仔犬の状況を見て、フードを変えてみるとか、治療が必要かの判断にも役立ちます。

 4.生体管理

ペットショップでは通常とても多くの動物がし遺棄されています。こうした場所は感染症の蔓延は大きな事故につながる可能性もあります。衛生管理を徹底し、その芽を取り除きます。

 5.仔犬の給餌

ペットショップでは仔犬や仔猫の給餌が欠かせません。エサの減り具合や便の状態などを確認してドライ、ウェットを調整するなどしてしっかりと栄養をゆけさせます。

 6.ペットショップ実習

IPCグループが運営するペットショップで実際の店舗運営を学びます。顧客に対しての接客マナーや、説明義務項目を学んだり、商品の陳列、仔犬仔猫の展示方法なども学びます

 7.ビジネス知識

ペットに関わる法律を学び、ペットショップ経営ノウハウを学習します。IPCグループではペットショップをはじめ、いろいろなペット関連事業がありますので、生きた教材を実体験できます、。

 8.最強学科

ペットビジネスを広く学ぶペットアドバイザー科ですはペットショップで必要な技能・知識をみにつけます。また、技術だけでなく、ペットビジネスや法律も学ぶ、最強学科と言える学科です。

ペットアドバイザー科カリキュラム
 共通基礎
  • 動物行動学1
    犬猫の基本的な行動様式と学習方法について学ぶ
  • ペット一般教養1
    就職セミナー(業界の就活事情、社会人としての心構え、履歴書の書き方、自己分析の方法等)
  • 共通基礎
    共通基礎犬との接し方や犬具等道具の扱い方等、犬を扱ううえで必要となる基本的な習性や生理等について学ぶ
  • 各科実習
    所属する部科に関わらず、ペット美容、しつけ訓練、動物看護、飼育繁殖の基礎を学ぶ
  • 動物機能形態学1
    主に犬猫を中心に動物の体の構造、筋骨格系等の機能を理解する。さらに解剖学用語を習得し、生命現象を理解する
  • 病原体・衛生管理
    病原体になりうる微生物の感染予防法を理解し、動物の健康維持に努める
  • 動物健康管理
    健常な犬猫に必要な日常ケアと適正飼育法について理解し、個体にあった適正飼育に努めるよう飼い主指導に活かす
  • 動物医療関連法規1
    動物愛護及び管理に関する法律における責務と規制事項を理解し、動物福祉と人との共生の観点から関係法規を学ぶ
  • 飼養管理学1
    伴侶動物となりえるエキゾチックアニマルの生理と生態から適正飼育法及び主な疾病について理解する
  • ペット一般教養2
    就職セミナー、社会人準備、経営組織等についての概説
  • 特別活動1
    スクールフェスティバルや校外学習等を通じて、協調性や課題発見力を養う
  • 特別活動2
    主な学校行事である球技大会、スクールフェスティバル、ゼミ発表会、校外イベント活動等の企画運営又は協力
  • ゼミナール
    卒業研究を通じてプレゼンテーションスキルを身につけ、表現力向上を図る
  • 課題研究
    卒業研究及び卒業論文の作成
 専門科目
  • 専科実習1
    企業と連携し、ペットショップでの生体販売時事前説明や生体の健康管理等の実務や飼育施設管理について学ぶ
  • 動物飼育実習3
    一頭一頭の担当犬に対し、日常のケア、体重コントロール、備品管理の3項目に対し、実務レベルでの管理能力育成を目指す
  • ペットショップマニュアル
    小売業における利益やコスト等の基本的な『数字」について学ぶ。店舗売上管理の基礎学習
  • 動物感染症学
    寄生現象および宿主との関連性を理解し、主に犬猫に感染する内部寄生虫、外部寄生虫及び微生物について理解する
  • 動物栄養学1
    基礎栄養素及び犬猫に必要な栄養素、ペットフードの基礎的知識を学び、個体に合った適切な食事管理を理解する
  • 幼齢動物・高齢動物管理
    主に新生子期から幼齢期の管理、また老齢動物の管理、介護について理解する
  • 専科実習2
    犬のトリミング、看護、訓練及び繁殖に関わる技術、社会人スキルを習得する。それぞれの学科の同一授業に一部加わる他学科実習
  • ペットショップ実習
    ペットショップ実習話術、接遇や在庫管理等、実践的な販売とスキルを磨き、ペットショップの即戦力としての実力を身につける
  • 飼育管理実習2
    連携する企業が保有する犬猫等の飼養保管および繁殖等を行い、飼養技術や衛生管理能力の拡充を図る
  • インターンシップ
    連携する企業であるわんわん動物園やペット美容室などで実務研修を行う
  • 飼育管理実習
    わんわん動物園が保有する多種・多頭数の生体の飼育管理能力と専門的技術の基礎力を増強する
  • 動物飼育実習1
    わんわん動物園から生体提供を受けた担当犬に対する衛生管理を動物園業務と直結した指導教育に取り組む
  • 動物飼育実習2
    今の時代に合った展示動物の管理について、お客様の視線を意識した日常のケア等を通じて生体を扱う基礎力を養う 

不安?疑問?はLINEで!

お問い合わせ