動物看護科

■コアカリキュラム採用校
■動物病院が学びの教室

学科目標

動物看護師統一認定試験に合格し、動物看護師になる

取得可能な資格

知識だけじゃない、動物病院で役立つ資格

■ 動物看護師統一資格
(動物看護師統一機構)
■ NAVA認定ペットケアアドバイザー
(一般社団法人日本動物専門学校協会)
■ IPC協会認定VETERINARY NURSE C3~S級
(一般社団法人国際ペットカルチャー協会)
■ IPC協会認定TRIMMER C1級~S級
(一般社団法人国際ペットカルチャー協会)
■ 損害保険募集人資格
(アニコム損害保険株式会社)
■ 愛玩動物飼養管理士
(公益法人日本愛玩動物協会)
■ 家庭動物販売士
(一般社団法人全国ペット協会)
■ ペットシッター士
(NPO法人日本ペットシッター協会)
■ ビジネス能力検定(B検)
(文部科学省後援)
■ 専門士
(文部科学省認定)

知識と経験
日常的に治療を行っている環境で学ぶ

 

コースの特徴

実際に治療を行っている動物病院施設で実践的に学ぶ

 1.100種1000頭の動物たちが
ああもたらす圧倒的な臨床時間

IPCグループの多くの動物たちを保有するゆえ、健康状態も様々です。動物のケガや病気を教科書で終わらせず、獣医師と共に治療や検査に参加するスタイルで、実際の動物病院並みの臨床時間を誇ります。

 2.実践的な院内コミュニケーション

飼い主様と獣医師の架け橋役として役立てるように、体調不良を訴える担当犬と担当者に対し、問診~会計までを飼い主様と仮定し、実践を繰り返し増します。

 3.他校に類を見ないオペ(手術)
ああ経験の豊富さ

多くの動物たちを保有するが故、数多くの手術も行われます。特別な授業としてではなく、日常的に行われる実際の手術経験は、動物看護師としての大きな自信になります。

カリキュラム

座学・実習の繰り返しで、知識はより深く、より多くの経験を得る


※上記時間割はイメージであり、実際の内容とは異なります。

在学生の声
 3回目の手術助手


この学校では手術実習もあるので、現場を感じる機会が沢山あります。先週は私が手術助手をしましたが、3回目だったので少しの余裕がもてて、慌てずに先生のサポートができました。
中山さん
愛知県立碧南工業高等学校出身

 手術をせずに余生を送らせる


動物看護科では、末期の症状の動物たちに、クオリティーオブライフを考えあえて手術せず余生を過ごせるようにしている動物もいます。日向ぼっこやマッサージなどみんなでやっています。
朽名さん
愛知県内海高等学校出身

 好きなことだから勉強できる


高校時代は勉強があまり好きではありませんでしたが、今以外と勉強好きな私がいます。多分、好きなことだからだと思います。難しい授業がありますが毎日楽しいです。

2年間で動物看護師統一資格を受験するのに必要な単位が取得できるよう、所定の科目等を設置した課程です。この動物看護課程があることによって、動物看護師統一資格の受験資格を得ることができます。そしてこの動物看護職課程があるAPCは動物看護師統一資格取得に強い実績を残しています。動物看護師統一認定試験の合格率が高いことは重要な条件ですが、APCには動物病院の現場で役立つ多くの臨床経験が得られます。IPCグループには100種1000頭もの動物が飼育されています。これらの健康管理をするためにAPCの動物病院では日常的に治療を行っています。そのため、獣医師が常駐しており他の学校にはあまり例のない学校となっています。

APCが動物看護師資格に強い理由
 1.獣医師が常駐している動物病院

獣医師が常駐する動物病院が皆さんの教室です。実際の治療に携わる日々の授業こそがまさに医療の最前線です。

 2.実践的な入院室実習

保有生体の多さから、入院が必要となる動物達も多くいます。入院動物の日々のケアから、寝たきりの生体の看護技術までを実践で学びます。

 3.豊富な担当犬で個体差を学ぶ

大きさ・年齢・性格など様々な担当犬を通じて、犬のスペシャリストとしての知識を学びます。

 4.動物看護師に必要な業務を学ぶ

受付から治療・手術補佐・会計まで、動物看護師として必要な業務をトータルで学ぶため、就職後の多岐にわたる業務にも臨機応変に対応できる力がつきます。

 5.臨床検査実習

病気などの原因を追究することが治療の第一歩。患者から採取した血液、尿、便、細胞などを調べ、獣医師の治療方針決定のお手伝いをする臨床検査実習にも多くの時間を割きます。

 6.動物看護師の基礎から応用まで
ああ実践的に学ぶ

多くの経験を積むことで、動物看護師としての「引き出し」を数多く手に入れましょう。徹底した基礎なしに応用はあり得ません。獣医師・飼主様から信頼される看護師とは何かを日々見つめなおします。

 

 7.最新情報を獣医師・動物看護師から
ああ直接学ぶ

動物医療の現場は日進月歩です。常に新しい技術や薬などが生み出されます。経験豊富な獣医師や動物看護師から、最新の情報を学べるのも本校のスタイルです。

 

 8.動物看護師統一認定試験対策が万全

単独学科として「動物看護科を有する本校では、動物看護師認定試験の受験に義務づけられている2400時間を優に超えた授業時間を誇ります。コース制では2400時間を消化するだけでも大変なため、認定試験は狭き門ですが、余裕をもって深く学べる本校だからこそ、6年連続90%以上のトップレベルの合格率を継続しています。

実習授業レポート

実際に診療している動物病院で実力を身につける

動物看護実習時間 1週間15時間以上

動物看護科で学ぶ動物病院は施設だけ整っていて、実際の動物を診療していない動物病院ではありません。IPCグループの担当犬や豊富な実習動物の健康管理や治療を日常的に行っているので、動物医療の現場に最も近い環境で学ぶといえます。

 1.耳の検診

耳垢や炎症が無いかをまずチェック。綿棒などを利用して汚れをとります。耳体温計などで体温を測ることもあります。耳掃除が嫌いな子もいれば好きな子もいます。垂れ耳の子は特に注意しましょう。

 2.顕微鏡検査

顕微鏡を使う検査は様々です。血液検査はもちろん、糞尿検査や細胞検査などの病気の早期発見や経過観察、病後状況などを把握するのに行います。症例実践数の多い本校では教科書にない経験が積めることも。

 3.注射

注射は獣医師が行いますが、注射の準備は看護師の仕事です。獣医さんは併行的に仕事をすることも多く、看護師の準備がいいと仕事もはかどります。獣医が行けば注射をするだけ・・・そんな段取りのいい動物看護師を目指そう。

 4.保定

獣医師が治療をする際、多くのシーンで動物看護師が保定します。安全に動物が獣医師の治療を受けられるようにするのがポイントです。中には押さえられることを嫌がる子もいますので、しっかり学び・練習しましょう。

 5.輸液治療

入院犬や入院猫などの場合点滴を行う治療をする場合があります。その点滴の準備や実施を獣医師指導のもと行います。利用する輸液の種類や点滴時間・点滴スピードなど様々な勉強をします。

 6.レントゲン

骨折箇所の状況や病気の原因の究明などレントゲンを使うこともあります。原因が分かり次第手術になることもありますので、そのレントゲンフィルムを授業で使用し、学生とカンファレンスを行うことも。

 7.エコー検査

超音波を使って体の中を見る時に使います。ペットアドバイザー科の管理をしている妊娠犬などのおなかの中を見ることもあり、出産前の状況や頭数などの確認も行います。小さな命の鼓動を確認すると感動します。

 8.受付業務

付属病院で診察治療を行うのはIPCグループの動物達。各科の担当犬なども来院します。他科の診察犬など受付し、薬剤を渡すのは動物看護の学生です。普段から経験しているノウハウが就職活動に活かせます。

動物看護科カリキュラム
 共通基礎
  • ペット一般教養1
    就職セミナー(業界の就活事情、社会人としての心構え、履歴書の書き方、自己分析の方法等)
  • 動物行動学
    犬猫の基本的な行動様式と学習方法について学ぶ
  • 共通基礎
    犬との接し方や犬具等道具の扱い方等、犬を扱ううえで必要となる基本的な習性や生理等について学ぶ
  • 各科実習
    所属する部科に関わらず、ペット美容、しつけ訓練、動物看護、飼育繁殖の基礎を学ぶ
  • 動物機能形態学1
    主に犬猫を中心に動物の体の構造、筋骨格系等の機能を理解する。さらに解剖学用語を習得し、生命現象を理解する
  • 病原体・衛生管理
    病原体になりうる微生物の感染予防法を理解し、動物の健康維持に努める
  • 動物健康管理
    健常な犬猫に必要な日常ケアと適正飼育法について理解し、個体にあった適正飼育に努めるよう飼い主指導に活かす
  • 動物医療関連法規1
    動物愛護及び管理に関する法律における責務と規制事項を理解し、動物福祉と人との共生の観点から関係法規を学ぶ
  • 飼養管理学1
    伴侶動物となりえるエキゾチックアニマルの生理と生態から適正飼育法及び主な疾病について理解する
  • ペット一般教養2
    就職セミナー、社会人準備、経営組織等についての概説
  • 特別活動1
    スクールフェスティバルや校外学習等を通じて、協調性や課題発見力を養う
  • 特別活動2
    主な学校行事である球技大会、スクールフェスティバル、ゼミ発表会、校外イベント活動等の企画運営又は協力
  • ゼミナール
    卒業研究を通じてプレゼンテーションスキルを身につけ、表現力向上を図る
  • 課題研究
    卒業研究及び卒業論文の作成
 専門科目
  • 公衆衛生学
    人と動物との間に感染する疾患、その治療法や予防法、滅菌や消毒について学ぶ
  • 動物人間関係学
    ヒューマンアニマルボンドや動物介在福祉などについて学ぶ
  • 動物行動学2
    動物の行動を理解し、問題行動の予防や抑制方法を学ぶ
  • 動物福祉論
    獣医学倫理や動物の福祉について学ぶ
  • 飼育管理学2
    エキゾチックアニマルの疾病や治療方法と、実験動物、産業動物、野生動物、展示動物について学ぶ
  • 動物看護学
    看護学の概論、動物の看護、終末期患者動物の看護について学ぶ
  • 臨床動物看護学
    内科疾患、外科疾患等様々な疾患の看護方法を学ぶ
  • 救急救命対応
    エマージェンシーや救急救命疾患を理解し、その際の処置方法を学ぶ
  • 院内コミュニケーション
    受付業務、診療補助、スタッフコミュニケーション、クライアントコミュニケーションを学ぶ
  • 動物看護実習
    輸液管理や調剤、薬浴などの薬の使い方も学んで行く
  • 動物機能形態学2
    比較解剖学、血液学、免疫学などより高度な動物の形態機能を学ぶ
  • 動物病理学
    病気の原因、発生のメカニズムを理解し、病気の診断を確定させる
  • 動物疾病看護学
    内科疾患、外科疾患など様々なしっかんについて学ぶ
  • 動物薬理学
    よく使用される薬の主作用、副作用について学ぶ
  • 動物感染症学
    内部寄生虫や外部寄生虫の感染経路や感染した際の症状、予防方法などを学ぶ
  • 動物感染症学2
    微生物についてその生態を把握し、治療方法や予防方法を学ぶ
  • 動物栄養学1
    基礎栄養素及び主に犬猫に必要な栄養素、ペットフードの基本的知識を学び、個体に合った適切な食事管理を理解する
  • 動物栄養学2
    各疾患で使用する療法食の種類やその注意点などを学ぶ
  • インターンシップ
    連携する企業であるわんわん動物園やペット美容室などで実務研修を行う
  • 飼育管理実習
    わんわん動物園が保有する多種・多頭数の生体の飼育管理能力と専門的技術の基礎力を増強する
  • 動物飼育実習1
    わんわん動物園から生体提供を受けた担当犬に対する衛生管理を動物園業務と直結した指導教育に取り組む
  • 動物飼育実習2
    今の時代に合った展示動物の管理について、お客様の視線を意識した日常のケア等を通じて生体を扱う基礎力を養う
  • その他学科
    動繁殖学、動物入院管理、動物臨床検査実習、クライアンドエデュケーション、動物臨床検査学、外科動物看護実習、動物臨床検査実習・幼齢動物・高齢動物管理、総合臨床実習、動物看護実習、外科動物看護実習2、動物医療関連法規

不安?疑問?はLINEで!

お問い合わせ